アニメ物語速報

マンガ・小説・アニメ・映画・パチスロ等の情報をメインでまとめていきます。物語シリーズを優先でまとめますが、オフシーズンは皆さんを飽きさせないように、その他のアニメもまとめます!

    2017年04月

    pb ★[sageteoff] 2017/04/29(土) 16:46:51.86 ID:CAP_USER.net
    マンガ『お酒は夫婦になってから』のTVアニメ化が決定した。世界一のイチャイチャ夫婦コメディとして注目を集めている人気作が映像化されることになった。 

    本作は無料マンガサイト「やわらかスピリッツ」(小学館)にて連載中のマンガが原作である。2015年4月に連載がスタート。これまで単行本5巻が刊行されており、累計発行部数は25万部を突破している。 
    主人公はPR会社で働く水沢千里。美人で仕事もできるため周囲から尊敬されているが、彼女には夫の壮良しか知らない秘密があった。それはお酒が大好きで、酔うと可愛くなってしまうこと。千里は今晩も夫の作るカクテルで至福のほろ酔い気分を満喫する。 
    近年は『孤独のグルメ』や『ワカコ酒』をはじめ、グルメマンガの映像作品が人気を博している。本作ではバラエティ豊かなお酒を味わう夫婦の仲睦まじい姿を楽しめそうだ。 

    原作者のクリスタルな洋介は今回のアニメ化について「この一報を聞いた時は、信じられませんでした。いまだに実感が湧きませんが、僕もスタッフの一人として、全力を尽くしたいと思います。…と、いう建て前は置いといて。わーーーい!うれしーーーーーーーー!」と喜びのコメントを発表した。 

    TVアニメ化の発表にあわせて、アニメ公式サイトもオープン。トップページにはカクテルを飲み「しふくぅぅぅぅ」と声を上げる千里の姿が描かれている。 
    アニメ化の詳細やスタッフ・キャストなどの情報はまだ明かされていない。28歳の千里を誰が演じるのか。今後の続報にも期待が膨らむ発表となった。 

    なお「やわらかスピリッツ」では原作の第1話から第3話までを無料配信中だ。5月12日には最新第6巻のリリースも決まっており、アニメ化を盛り上げていく。 

    110785
    110788


    https://animeanime.jp/article/2017/04/29/33679.html
    【「酒は夫婦になってから」TVアニメ化決定 イチャイチャ夫婦のカクテルコメディ】の続きを読む

    風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 20:45:23.74 ID:VmhGohZc0NIKU.net
    巨大な女の子の体をハイハイして登る――VR(仮想現実)空間でそんな体験ができるデモンストレーションが、 
    ドワンゴのイベント「ニコニコ超会議2017」(4月29~30日、千葉・幕張メッセ)に出展されている。 

    VR HMDを装着し、ハイハイしている記者 kf_haihai_02

    こんな風に見えている 
    kf_haihai_04


    「目の前に大きな女の子がいる感覚は初めてだった。足元から見上げると、パンツが見えているのに欲情することなく『あ、すごい。デカい』と圧倒された」――開発者がそんな感想を漏らす、前代未聞のVRコンテンツ。なぜ開発したのか。 

    「女の子の体を登る」アイデア、なぜ生まれた? 

    開発したのは、ゆるUnity電子工作部という同人サークル。ユーザーがVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「HTC Vive」を装着し、ハイハイの姿勢になると、 
    巨大な少女を足元から見上げたような光景が見えるように。そのままハイハイして前に進むと、少女の巨体を下から登っていく映像が楽しめる。 
    体験ブース内には2カ所にセンサーが設置され、ユーザーの動きをトラッキング。進んだ距離を感知し、女の子のどの位置まで登ったか、VR映像に反映する仕組みになっている。 

    kf_haihai_05

    kf_haihai_03


    「女の子の体を登る」というアイデアは、なぜ生まれたのか。「(実際の姿勢とは違うのに)VR映像が原因で、背中側に重力を感じたら楽しい」――開発者の尾形慶一さんは、そう狙いを話す。 
    「体験した人が不思議な感じと話すのが面白い」(尾形さん)。 
    展示には間に合わなかったが、VR HMDとは別に後頭部に電極を取り付け、電気刺激を与えることで平衡感覚を狂わせ、重力を感じさせる――という仕掛けも考えていたという。 
    尾形さんは「次回は、平衡感覚なども感じられるハードウェアとも組み合わせたい」と話し、視覚情報だけに限らないVRコンテンツを模索するという。 

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/29/news051.html
    【【朗報】巨大な女の子の体をハイハイして登るVRゲーム、発売】の続きを読む

      2017/04/29(土) 10:21:13.48 ID:1oaPLsvN0●.net BE:618588461-PLT(36669)?PLT(36669)

    14台走行中に...「マリカー」また事故 
    フジテレビ系(FNN) 4/29(土) 9:35配信 

    人気ゲーム「マリオカート」のキャラクター衣装を着て、公道をカートで走る「マリカー」が、また接触事故を起こした。 
    28日午後2時前、東京・港区芝の交差点で、アメリカ人の男性が運転するレンタルカートの「マリカー」が、車線変更をしようとした際、前にいた軽トラックのバンパーに接触した。 
    当時、「マリカー」14台が集団で走っていたが、けが人はいなかった。 
    「マリカー」は、人気観光スポットをレンタルカートでめぐる、外国人観光客に人気のツアーだが、都内では「マリカー」の接触事故が相次いでいる。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170429-00000759-fnn-soci
    【マリカー 事故多発 任天堂どうすんの?これ】の続きを読む

    ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/04/28(金) 21:35:58.97 ID:CAP_USER9.net
    ネットユーザーを中心にアニメファンから圧倒的な支持を受け、大ヒットとなったアニメ『けものフレンズ』。 
    テレビ朝日のミュージックステーションに声優陣が出演し、主題歌を披露するなど、普段アニメを見ない人にも「どうやら『けものフレンズ』というのが流行っているらしい」という印象が届いてきているようだ。 

    そこで、アニメファンの同僚や友人たちにいつ『けものフレンズ』の話題を振られても「ああ『けもフレ』ね。 
    知ってる知ってる」と余裕をもって対応できるよう、改めて『けものフレンズ』がどういうアニメなのか、何がそんなにウケたのかを、まとめておこう。 

    ■実は第一話の時点で見限った人も多かった 

    現在の大ヒットからすると意外なことだが、実はアニメファンの間でも、第一話の時点では『けものフレンズ』の評価は高くなかった。 
    チープさを感じる絵柄に、ぎこちない動きをするキャラクターたち。 
    ゆったりとした独特のテンポも、第一話で見るのをやめてしまう「一話切り」に拍車をかけた。 

    ■低評価を覆した独特の世界観 

    しかし、第二話、第三話と続くうちに、次第にTwitterを中心として『けものフレンズ』を見直す人が現れ始めた。 
    『けものフレンズ』の物語は、「ジャパリパーク」と呼ばれるテーマパークに、記憶のない主人公「かばんちゃん」が突如現れるところから始まる。 

    かばんちゃんは、ジャパリパークの「さばんなちほー」に住む「サーバル」と出会い、ジャパリパークではみんな何かの動物の特徴をもった「フレンズ」だということを知らされる。 
    そして、自分が何の動物の「フレンズ」なのかを知るために旅に出るのだ。 

    主人公のかばんちゃんは、サーバルや他のフレンズに比べると瞬発力が劣り、走ることも泳ぐことも得意ではない。 
    そんなかばんちゃんを、サーバルは「フレンズによって得意なことは違うから!」と言って、決して馬鹿にせず、見捨てない。 

    かばんちゃんはサーバルの助けを得ながら、「道具をつくる」など自分の特殊な力を発揮していくが、そのたびにサーバルは「すごーい!」と素直に感嘆する。 
    そして出会うフレンズたちはみな、かばんちゃんを温かく迎え、協力して課題を解決し、毎回ほのぼのとした雰囲気でお話が終わっていく。 

    こうした「やさしい世界」の世界観が伝わるうちに、『けものフレンズ』に魅了されるファンが増えていった。 
    「すごーい!」「たーのしー!」「きみは○○のフレンズなんだね!」といった使いやすいセリフ回しも手伝って、『けものフレンズ』の世界観は一気にネットに広がっていった。 

    ■「本当の愛はここにある」ストレートなメッセージ 

    明確な統計はないが、『けものフレンズ』をヒットに導いたのはおそらく、10代の少年少女というよりも、20代以上の大人たちだと思われる。 
    彼らはみな学校や会社で、コミュニケーションの欠落や、互いの価値を認め合わないことによって起こるさまざまな不和を、数え切れないほど経験してきている。 
    そんな中で、お互いにもう少しやさしくなることができれば、世界はもっと生きやすい場所になるのではないかと、心のどこかで感じている人が多いのではないだろうか。 

    『けものフレンズ』は、そのことをストレートに語りかけてくる。 
    主題歌の歌詞で「けものはいてものけものはいない 本当の愛はここにある」と歌われる通り、「本当はこうあってほしいとみんなが願うやさしい世界」が繰り返し描かれているのだ。 

    『けものフレンズ』はそうした意味で、少女のかわいさを愛でる「萌えアニメ」というイメージとは異なる作品だ。 
    同僚や友人に影響されて、少しでも興味をもった人は、ぜひアニメ本編を見てみてほしい。 
    3話見終えたころにはもう、きっと「すごーい!」「たーのしー!」と口に出してみたくなっているだろう。 

    ちなみに主題歌の「ようこそジャパリパークへ」(どうぶつビスケッツ×PPP)は、カラオケJOYSOUNDがアニメ映像とともに配信中だ。 
    「教えて!goo」でも「あなたがカラオケで歌うアニメソングは?」ということで回答を募集中。 
    『けものフレンズ』以外にも、あなたの好きなアニソンをぜひ投稿してほしい。 
    wat1704281220002-p1


    http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20170428/wat1704281220002-n1.htm
    【【テレビ】巷で話題のアニメ『けものフレンズ』って何がウケたの?】の続きを読む

    天麩羅油 ★ 2017/04/28(金) 15:12:13.56 ID:CAP_USER9.net
    プレミアムフライデーで無理矢理に金曜15時退社したら、ヤバいほど「幸せ」だった 


     月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しみませんか――経済産業省の提唱する“プレミアムフライデー”が、4月28日に3回目を迎える。 

     筆者は都内の編集プロダクションに所属している社員ライターだが、普段の退勤時間はだいたい21時頃。プレミアムフライデーの目安とされている15時の終業なんて、もってのほかだ。 

     プライベートで運用しているSNSをのぞいてみても、人々に浮かれた様子はない。むしろプレミアム“ツ”ライデーなどと、自分には早上がりが無縁であることを自嘲する者もいるほどである。 

     しかし、プレミアムフライデー初回となった2月24日、体験レポート記事を書くという大義名分のもと15時に退社。今回は筆者なりの“プレミアムフライデー体験記”をお届けしよう。 
    “マシマシ”の有名ラーメン店はいつも通りの大行列 


     事務所の最寄り駅を15時過ぎに出発し、約2 



    以下ソース 
    http://biz-journal.jp/2017/04/post_18899.html
    【【速報】プレミアムフライデーで無理矢理に金曜15時退社したら、ヤバいほど「幸せ」だった】の続きを読む

    このページのトップヘ