アニメ物語速報

マンガ・小説・アニメ・映画・パチスロ等の情報をメインでまとめていきます。物語シリーズを優先でまとめますが、オフシーズンは皆さんを飽きさせないように、その他のアニメもまとめます!

    カテゴリ: 傷物語

    涼風青葉 ★ 2017/01/09(月) 12:47:18.73 ID:CAP_USER.net
     ついに『傷物語』の3篇が終結した。当初は2012年に公開予定だったこの作品が、2016年から1年掛けて、2009年に放送された『化物語』につながることができたのだから、ファンからしてみればおよそ5年遅れでようやく“2012年”が終わったことになる。 

     もちろん原作を読んでいれば、どのような顛末を辿り、『化物語』へと続くのかということは周知の事実であろう。これまでの「<物語>シリーズ」の中で、幾度も回想されてきたエピソードが、しっかりと描き出されるのだ。思い返してみれば、『化物語』第1話のタイトルイン直前のわずか数10秒で一気に描かれていた部分でもある。改めてその映像と見比べてみると、(もちろん演出が異なるからかなり変わっていて当然なのだが)、作画のクオリティとスケールの差がはっきりと見受けられる。この7年の間で、アニメーションの世界がいかに進化したかがわかるのだ。 

     その数10秒の中にも一瞬だけ映し出されていた、羽川との体育倉庫でのシーンは実にお見事であった。懐中電灯をつける羽川。光線がまっすぐ伸びて、顔を照らすショット。そのあと、二人が向かい合って座る手前に置かれた懐中電灯から、光線は画面奥の跳び箱を照らす。するとカットバックで、今度は逆光になった二人のシルエットを映し出す。実に綺麗な場面だ。この体育倉庫の、天井から溢れる光といい、実に綺麗に作り上げられていてひたすら敬服してしまうのである。 

     さて、前作公開時には「総監督×監督システムの作用」(参照記事:『傷物語〈II熱血篇〉』が圧巻のアニメ映画となった理由 総監督 × 監督システムはどう作用した?)、前々作時には「シネスコ画面での見せ方」(参照記事:西尾維新原作『傷物語〈I鉄血篇〉』はいかにして”映画らしいアニメ映画”を超えたか)について触れてきたが、今回は「三部作構成」という点にフォーカスして本作を論じてみたいと思う。 

     『<鉄血篇>』が67分。『<熱血篇>』が69分。そして今回の『<冷血篇>』は83分と、総じて約219分をかけて描かれたこの『傷物語』。制作に充てる時間を考慮しなければ、前後編での構成も可能だったのではないか、と思ってしまうのである。実写映画の話ではあるが『デス・ノート』や『進撃の巨人』、『3月のライオン』と、密度の濃い原作を、最初から前後編で描くという選択肢を取ることはすっかり主流になってきているのだから。 

     たとえば、同じ新房昭之の『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版は、3部構成といえども、テレビシリーズの総集2篇+新篇という、画期的な構成で作られていたが、これは少し例外かもしれない。最近では『魔法使いの嫁』や『チェイン・クロニクル』がすべて新篇でありながらも三部構成で作られるなど、徐々にアニメ界ではこの三部構成が主流になり始めているのだ。 

     これは、明確にそれぞれのエピソードを色分けしたいという作り手側の狙いに他ならない。1篇目で作品の世界観を出し、2篇目では大きく物語を盛り上げ、そして3篇目で綺麗にまとめ上げる。いわばストーリーテリングの基本である“起承転結”というのは4つに分けられるものではないということの証明なのだろう。今回の『傷物語』を例にとって振り返ってみればそれが明確に判る。 

     『<鉄血篇>』では阿良々木暦とキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの邂逅。台詞を抑えて、このシリーズが守り抜いてきた西尾維新ワールドを前面に押し出した。続く『<熱血篇>』では3人のヴァンパイアハンターとの戦いが描かれた。終始繰り返されるバトルアクションに加え、ヒロイン・羽川翼との関係性を語る。その点で、最も映画らしい密度の一篇だったといえよう。そして今回の『<冷血篇>』は四肢を取り返したキスショットが完全体になり、阿良々木暦が人間に戻るためのバトルと、キスショットとの別れを描き出す。つまりここで、“転”と“結”を一気に片付けたのである。 

     本作の場合は、この先に続く壮大な物語へのプロローグであるという前提があったとはいえ、この方法論が新たに作られた作品で使われるとなれば、続きとなるコンテンツを生み出すことも決して難しい話ではない。1篇だけでは不完全すぎ、2篇ではまとまりすぎるが、3篇ならば含みも持たせられる上、どのカラーが最も受け入れられるかが判るというわけだ。 


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170108-00010002-realsound-ent
    【『傷物語<冷血篇>』が示したアニメ映画の新潮流 “三部作構成”のメリットを考える】の続きを読む

    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 9935-0lRh) 2017/01/07(土) 18:53:50.10 ID:/I/uuVVG0?2BP(1000)

    劇場三部作『傷物語』の最終章となる第三部「冷血篇」が2017年1月6日(金)全国公開し、新宿バルト9にて、ゲスト登壇の初日舞台挨拶が行われた。そのイベントレポートが到着したのでご紹介しよう。 

    舞台挨拶には本作の主人公・阿良々木暦役の神谷浩史、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役の坂本真綾、羽川翼役の堀江由衣、忍野メメ役の櫻井孝宏が登壇。 
    長年ともに〈物語〉シリーズを演じてきた阿吽の呼吸で、最終章となる本作の初日を迎えた感想や、〈物語〉シリーズの魅力を余すことなく語りました。 
    トークイベント中、ついに最終章となる本作の公開を迎えたことに「長かった2012年がようやく終わり、めでたく新年が迎えられることができ感無量です!」と答えた神谷浩史に対し、満席の観客席からは、歓声と労いの拍手が沸き起こりました。 

    他キャストコメントは下URLで 
    http://www.pashplus.jp/anime/theater_edition/40347/ 

    ついでに 
    rd03

    【劇場版傷物語ついに完結 長い道のりだったな…】の続きを読む

    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (フリッテル MM06-ujPs) 2017/01/02(月) 20:16:16.52 ID:RzCYJBsAM?2BP(1001)

    株式会社AbemaTV(アベマティーヴィー)が運営する"無料で楽しめるインターネットテレビ局"「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、 
    誰もが知っている2000年代のヒット作を24時間配信する「アニメ24チャンネル」にて2017年1月2日(月)に、 
    『傷物語 〈I鉄血篇〉』『傷物語<?U熱血篇>(ダイジェスト版)』を世界初配信いたします。 

    『傷物語』は、『化物語』に代表される西尾維新による小説「〈物語〉シリーズ」の1作品で、『化物語』の前日譚にして、〈物語〉シリーズの原点となる作品です。 
    2009年にTVアニメ『化物語』が放送されて以降、〈物語〉シリーズはTVアニメでもファンを魅了し続けており、 
    『傷物語』は3部作の劇場アニメ作品として、2016年1月に『〈I鉄血篇〉』、2016年8月に『〈?U熱血篇〉』が公開され大ヒットを記録、 
    『〈?V冷血篇〉』が2017年1月6日(金)に公開される予定です。 
    https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=13059
    【abemaで「傷物語」初配信。全ての物語の"はじまり"に震えろ】の続きを読む


    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウウーT Sac7-uUNK) 2017/01/01(日) 02:19:17.93 ID:PKHFT4lKa?2BP(1502)

    下手に深夜アニメで1クールやるより 
    間延びさせず2時間に詰め込んで映画化ってのもいいのかもね。 
    DVD買うより安上がりになるわけだし。
    【1月6日から傷物語の映画をやるんだって。視に行くべきかな。】の続きを読む

    pb ★[sageteoff] 2016/12/12(月) 21:08:17.68 ID:CAP_USER.net
    『傷物語』最終章となる第三部「冷血篇」の公開を2017年1月6日に控える中、その直前となる2017年1月2日に、最初の作品『傷物語〈I鉄血篇〉』の世界初配信が決定した。 
    配信が行われるのはAbemaTVの「アニメ24チャンネル」。1月2日22時より『傷物語 〈I鉄血篇〉』が配信され、その直後の23時10分からは『傷物語〈II熱血篇〉』のダイジェスト版も楽しめる。これまでのシリーズを劇場で見ていなくても、これさえ確認すればあらすじが分かるだろう。 

    本配信に加え、テレビアニメの第1作『化物語』から最新作『終物語』までの全作品が年末年始に一挙放送される。大ヒットを記録した『偽物語』はもちろん、シリーズ全体のストーリーを語る上で欠かせない『猫物語』『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』など全77話を視聴できる。こちらは12月24日の『化物語』から始まり、来年1月1日まで毎日放送される。 
    AbemaTVではほかにも多彩なアニメ作品が年末年始に配信されるが、その中でも特に大きなトピックになるだろう。 

    『傷物語〈I鉄血篇〉』 
    配信日時:2017年1月2日(月)22:00より 
    番組URL:https://abema.tv/channels/anime24/slots/8T6VCbkMBSbGrj 

    『傷物語〈II熱血篇〉(ダイジェスト版)』 
    配信日時:2017年1月2日(月)23:10より 
    番組URL:https://abema.tv/channels/anime24/slots/8TQCtKCfEfbNQ7 

    http://animeanime.jp/imgs/slider/101921.jpg 

    http://animeanime.jp/article/2016/12/12/31725.html


    引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1481544497/0-
    【【アニメ】「傷物語〈I鉄血篇〉」AbemaTVで世界初配信 年末年始にTVシリーズも一挙放送】の続きを読む

    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウカー Saa3-JQwj) 2016/11/27(日) 16:55:09.94 ID:oaBs/1kXa.net
    超電磁砲の妹編のアニメよりもさらに時期を逸してる 


    大ヒット作『物語シリーズ』の始まりを綴る物語、『傷物語』 


    引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1480233309/0-
    【傷物語ってもったいつけすぎて完全に時期を逸したよな。よりにもよって君の名は。と同じ年とか】の続きを読む

    このページのトップヘ